dotlife menu-image

仮説を持ち、対話によって深い内容まで引き出せるインタビュアーが必要だった。「固定観念から抜け出すメディア」を生み出すまで。

仮説を持ち、対話によって深い内容まで引き出せるインタビュアーが必要だった。「固定観念から抜け出すメディア」を生み出すまで。

サマリー

課題
・企業理念の実現や、会社の認知度向上のために立ち上げたオウンドメディアのコンセプトに沿ったインタビュー記事を作りたかった。

成果
・事実や結果をわかりやすくまとめるだけでなく、背景や思いについても掘り下げて表現することで、より読者の学びになるインタビュー記事を作ることができた
・取材対象者から取材や記事に対して満足してもらえ、取材後に良好な関係が築けることが多くあった

パートナー企業紹介

株式会社ネットプロテクションズは「NP後払い」をはじめ、決済事業を中心に提供している会社です。「つぎのアタリマエをつくる」という企業理念を掲げ、既存のあり方にこだわらず、新規サービスの開発や新しい人事制度の開発などさまざまな挑戦を続けています。


株式会社ネットプロテクションズ
https://corp.netprotections.com/

導入事例

固定観念から抜け出すメディア「THINK ABOUT」に掲載するインタビュー記事の制作。

THINK ABOUT
https://corp.netprotections.com/thinkabout/

2年ほど前にコラムサイト「THINK ABOUT」を立ち上げ、有識者へのインタビューなどを通じて、既存の考え方を疑い、理想のあり方について考える場の提供を行う株式会社ネットプロテクションズ。THINK ABOUT立ち上げメンバーの中原さん、木下さんにお話を伺いました。

──THINK ABOUTを立ち上げた背景を教えてください。

中原さん:もともと、ネットプロテクションズは「つぎのアタリマエをつくる」という企業理念を掲げ、日本初の決済ソリューション「NP後払い」の提供を始め、新しいサービスを開発してきました。私は、事業だけではなく会社のあり方そのものの「つぎのアタリマエをつくる」という理念に惹かれ、入社しました。

入社後も自社の理念に共感する気持ちは変わらず、もっと多くの人にも知ってもらいたいと思うようになりました。しかし、事業や採用活動を通した理念の発信では限界があると感じ、何か新しいやり方はないのかと考えるように。

ちょうど同じ課題感を抱えていた後輩の木下と一緒に、どうすればもっと自分たちの、やりたいことが世間に伝わるのかを考え始めました。

何度か話し合いをする中で、ネットプロテクションズの考え方や価値観が伝わるようなコラムサイトを始めてはどうかと思い至りました。すぐに経営層の合意を取り付け、まずは2人で全く知識の無い状態からメディアを0から作ることを始めました。これが「THINK ABOUT」の始まりでした。

img

中原 雄一(なかはら ゆうういち)
株式会社ネットプロテクションズ
BtoBグループ/THINK ABOUT立ち上げメンバー

木下さん:コンセプトは途中で変化しつつ現在は「固定観念から抜け出すメディア」。具体的なコンテンツとしては、有識者へのインタビュー記事が中心です。分類としてはビジネスパーソン向けの組織論やマネジメント論に関する内容が多いですが、あえて業界は絞らず、幅広いジャンルの人にお話を聞いています。例えば、世界的に著名な是枝裕和監督にオリジナルの映画作品を生み出し続ける組織づくりについて伺った記事もありますし、300年以上続く老舗蔵元の当主に仕事の中で気付いた自身の生き方について伺った記事もあります。

THINK ABOUT立ち上げ当初でその効果が可視化できない間は、予算がほとんどなかったので、自分たちで記事執筆を行っていました。それから1年ほど運営を続けることで、翌年の新卒採用では内定者からTHINK ABOUTを見ていた、と言ってもらえるようになりました。そのような実績が認められ、その翌年からは予算をつけることができました。そこで現在は、我々は企画だけ行い、取材執筆は外部の制作会社やライターへご依頼しています。

──制作会社を選ぶ上でポイントになるのはどんなところですか。

中原さん:こちらの要望を理解してくれることです。媒体の性質上、扱うテーマが「会社」や「社会」といったものであることが多いです。そのテーマを語るためには多くの分野の人と関わり、世の中に対する様々な角度からの見識を持っていることが求められます。その点で多くの人をインタビューしてきた経験が蓄積されているドットライフさんは、我々が要求するクオリティで記事が書けるのだと思います。

木下さん:また、こちらが要求すること以上のものを返そうという姿勢で動いてくれるかどうかというのも、パートナー選定では大きなポイントだと思っています。言われたこと以外はスコープアウトしてしまう会社も多いので。その点、ドットライフさんの場合は、企画の趣旨について相談した際、読者目線に立って「何が面白いのか?」と聞いてくれ、その結果企画自体がよりシャープになっていきます。

──新しいメディアを運営する上で、一番苦労した点を教えてください。

中原さん:質の良い原稿をハイペースで出せる体制作りです。THINK ABOUTとして納得のゆく原稿に仕上げるためには大きく2つのポイントがあると思っています。一つは、常識に対して違う角度から疑問を投げかけられていること。もう一つは取材対象者の主張について、自分たちでも再現可能だと思わせられることです。そのどちらも担保されている内容であればより本質的で、読者にとっては学びのある内容なのではと思っています。

木下さん:それらのポイントを抑えるためには、インタビュアーには一問一答のような形で事実関係や理論をまとめてもらうというよりも、対話のような形で、なぜその結果に行き着いたのかといった背景や、想いまで深掘りしてもらう必要がありました。それがなかなか難しく、できるインタビュアーは少ないと感じています。その点ドットライフさんは、必ず背景を取りに行き、なぜ?なぜ?とインタビュイーの持っている理論を深めていってくれます。また、相手の主張に対して、全てを鵜呑みにすることはせず、「どうして○○という他の選択肢は取らなかったのですか?」と他の仮説をぶつけるような質問をしてもらえるので、読者にとっての懸念点が潰され、より納得感のある内容に仕上がるのだと思っています。

img

木下 雄登(きのした ゆうと)
株式会社ネットプロテクションズ
マーケティンググループ/ThinkAbout編集長

──THINK ABOUTを立ち上げたことでどのような成果がありましたか。

木下さん:自社の認知度向上や理念の拡散ができていることの他にも、記事きっかけの採用も生まれています。また、特にドットライフさんにご依頼した案件については、インタビューさせていただいた方と良好な関係を築くことができていることがすごくありがたいです。取材後に「面白かった」とか「こんなインタビュー初めてだ」と言ってくださる方も多く、取材後に先方から続編の企画を出してくださることもあります。

中原さん:おそらくその背景には、インタビュイーがこれまで考えてきた枠組みとは違う角度からの質問をされることで、その場で学びを深めることができることがあると思います。多種多様な業界や分野の人へのインタビューから溜まった知見を活かして、話者が話しているものを別角度から捉えに行き「これってこういうことですよね?」と仮説としてぶつけることで、インタビュイーの視点を広げ、その場で学びを与えることにつながるのだと思っています。

──今後の展望をお聞かせください。

木下さん:今後もより質の高い、学びのある記事を多く掲載し続けたいと思っています。また、それと同時に、「THINK ABOUT」を起点として、カンファレンスの企画やコミュニティづくりも行っていきたいと思っています。例えば、最近だと「貨幣の束縛」というテーマで、これからの価値交換のあり方について、有識者の講演やパネルディスカッションを行うカンファレンスの開催をしました。今後は、サイト内で読者と意見の交換ができるようなインタラクティブなシステムづくりができればいいなと思っています。

中原さん:「つぎのアタリマエをつくる」というミッションを成し遂げるため、新しい挑戦を続け、理想を理想で終わらせるのではなく、「アタリマエ」にしていきたいと思います。