なぜ、このミッションか

「やりたいことが見つからない」という課題がすごく身近にあったからです。

日本人が「夢を諦める平均年齢」は24歳だというアンケートがあります。

ここでの「夢」と「やりたいこと」はすごく近いように感じます。
つまり24歳とは、「やりたいことをやる人生」を諦める平均年齢なのではないかと思うのです。

ドットライフは、ちょうど24歳・25歳の二人が創業した会社ですが、
学生時代の友人と、土日に遊んでいて、
「月曜会社行きたくない」「早く結婚しちゃいたい」という会話が何度も出てくるようになりました。

やりたくないことをやりながら、「自分の人生はこんなもんだ」と、
半ば諦めてしまったような友人すらいます。

でも、昔からそうだった訳ではありません。
部活やバイトなど、「やりたいこと」に打ち込んでいるときの友人の輝きや魅力を知っているからこそ、

今、情熱を注げるものが見つからず、モヤモヤしている友人と話していて、
すごく、やりきれない気持ちになることがあります。


今はまだ、土日に馬鹿騒ぎして発散できているけど、
例えば10年後、一緒に心から笑っていることができないかもしれない、

そう強烈に感じた瞬間が原体験としてありました。
だからこそ、

「やりたいことをやる人生を、あたりまえに」

というミッションを掲げました。
その達成のためのサービスであり、会社です。

「やりたいことが見つからない」
「やりたいことを諦めた」

そんな悩みやモヤモヤを感じる人が、
新しく「もう一つの人生」を一歩踏み出すキッカケとなる
サービスを創りたいと考えています。