dotlife menu-image

別人制度レポート/OHAGI3

別人制度レポート/OHAGI3

はじめまして、2月にdotlifeへ入社した渡邉美月です。
3月に実施したはじめての別人制度、投稿がかなり遅れてしまいました…

ちょうど入社した2月のこと。
入社して初の締め会の終わり際、「みづきも来月から別人制度始まるからね!」との一言ではじまったわたしの別人制度。

ほんとにやるんだ、、!と若干の焦りを感じながら、やりたいことを考えた結果。

選んだのは

愛知のおはぎやさん「OHAGI3」で、おはぎ作りたい!!!!

◼️OHAGI3
名古屋市守山区で無添加にこだわった「月のおはぎ・わらび餅」を販売するOHAGI3。
OHAGI3は、日本で古くから親しまれている伝統の和菓子「おはぎ」を、世界中の人に食べてもらいたいと「OHAGI」と命名。
無添加の原材料にこだわり、体に優しい甘さ控えめのOHAGIを届けたい、という想いでお店を展開されています。

私は愛知県出身なのですが、愛知にいる知人がOHAG3の1号店オープン当初からお手伝いしているのを知っていて、ずっと私も働いてみたいなあと思ってたのを思い出し、選びました。

OHAGI3をお手伝いしている知人に繋いでもらい、愛知県名古屋にある星ヶ丘駅の催事店で1日お手伝いさせていただくことに!催事店の場合おはぎは本店で作られたものが運ばれてくるとのことで、おはぎづくりの夢は叶いませんでしたが、憧れのOHAGI3店員だ!とワクワク。

早朝新幹線に飛び乗り、訪れた朝8:30の星ヶ丘。
星ヶ丘は名古屋駅から地下鉄で20分、ショッピングモールやボウリング場、飲食店などが並ぶエリア。ちょっとオシャレで落ちついた雰囲気です。大学生の頃は名古屋にいたので、懐かしさがこみ上げてきます。

催事店の裏口から入ります。

裏口のドアを開けると出迎えてくれたのはOHAGI3と繋いでくれた奥田さん。
平日はメーカーのSEとして働きながら、土日にこのOHAGI3を手伝っているのだそう。

オープン前のおみせで、1日の流れを教えてもらい、レジ打ちの仕方やおはぎのつめかたなどを学びます。そして10:00の開店に向け、準備を行います。
アルバイトの方がお一人出勤してからは、販売するお弁当詰めを一緒にやらせてもらいました。

そんなこんなしていると、「おはぎもってきたよー!」の声。
本店の守山からおはぎをもってきてくれたのは、OHAGI3の社長のお父様。

たくさんのおはぎ。

中にはおはぎが並んでます!おいしそう!

アルバイトのみなさんから「おとうさん」と呼ばれていて、とてもアットホームな雰囲気。
制服をお借りしてわたしもOHAGI3の一員に。制服がオーバーサイズのシャツでとっても素敵でした。

そして10:00、開店!

ドキドキしながらお客さんを待ちます。

ここでOHAGI3社長落合さんが到着!
今日は催事の横で、落合さんがたこ焼きを焼いて販売するそうで下準備をします。

「なんで、たこ焼き、、?」と思いましたが、落合さんは学生時代たこ焼きやでアルバイトしていた際に極め、元Tako-1グランプリで優勝してNYなど海外でたこ焼きを披露する経験をお持ちなのだそう。

今回は、催事店限定でたこ焼きを販売することになっているとのことでした。

お話を伺うと、落合さんは学生時代たこ焼きを極めた後、テレビ局(報道)、出版流通、IT企業と、オールドメディアからニューメディアまで幅広く経験したそうです。 会社員と並行してOHAGI3を立ち上げ、独立、というご経歴の持ち主。

さぞかし大変だったろうと思ったのですが、やりたいことだったからそれほど苦痛ではなかったと笑顔で語る落合さん。

落合さんは本が好きで、「本って気持ちに余裕がないと読もうと思わない。でもその時間が暮らしを豊かにする。そんな暮らしのゆとり、豊かな時間を食でも作りたい」と思い、「暮らしのすきまをあたためる」というコンセプトのもと、日本ならではのおはぎを世界に届けようと思ったのだそう。

とっても情熱にあふれる素敵な方でした。


さすが王者。鮮やかな、手さばき!

その後はおはぎを詰めたり、レジで接客したり、させていただきました!

ちなみに6個入りのおはぎを詰めるとこんな感じでとってもかわいいんです。
おはぎの名前は宵月、満月、などなど月の名前になっててとっても粋…

17:30頃、東京に戻る新幹線に乗る為、退勤。

1日の体験を通してOHAGI3のこだわりをたくさん感じました。
また自分が接客業が好きだったことを思い出しました。
自分の対応に対してお客さんの反応がリアルに返ってくること、自分の好きなものを販売すること、限られたスペースで自分の役割を考えて動くことが、楽しいなと改めて自分の好きなことに気付くことができて、良い機会でした。

落合さん、受け入れてくださり本当にありがとうございました!

落合さんに貰ったたこ焼きを食べながら帰る、東京への道のり。
1日立ち仕事で身体はとっても疲れているけど、心はあたたかい、そんな別人制度でした。

▼OHAGI3
https://ohagi3.com/