dotlife menu-image

マーケティング進化論vol.3を開催しました

マーケティング進化論vol.3を開催しました

コーポレートサイトでは、会社の個性をビジュアル化せよ。
マーケティング進化論vol3「営業・採用・PR、劇的に成果を生むコーポレートサイトとは」イベントレポート

株式会社ドットライフと株式会社mannnakaが主催する「マーケティング進化論」第3回が、5月22日に開かれました。マーケティング領域に携わるビジネスパーソンに向け、各分野のスペシャリストが情報発信・議論を行うイベントです。今回のテーマは「営業・採用・PR、劇的に成果を生むコーポレートサイトとは」。既卒・第二新卒などの若手人材に特化した人材紹介会社UZUZ専務取締役の川畑翔太郎さんがゲストで登壇しました。

□ゲスト
川畑 翔太郎 氏
株式会社UZUZ 専務取締役

1986年生まれ、鹿児島出身。高校卒業後、九州大学にて機械航空工学を専攻。大学卒業後、住宅設備メーカーINAX(現:LIXIL)に入社。1年目からキッチン・洗面化粧台の商品開発に携わるも、3年目に製造へ異動し、毎日ロボットと作業スピードを競い合う筋トレの日々を送る。高校の同級生である今村邦之(現UZUZ会長)の誘いと自身のキャリアチェンジのため、「UZUZ」立ち上げに参画する。第二新卒・既卒・フリーターの就活支援実績は累計1200名を超える。

□登壇者
柴田 雄平
株式会社mannaka- 代表取締役
埼玉県の高校卒業後、調理師免許を取得し、外食系ベンチャー企業にて外食事業および大手コンビニエンスストアの自社商品開発等に携わる。2013年に独立。都内で和食店2店舗を運営している他、「日常と食のコト」をテーマとしたWebメディア「ケノコト」を運営。現在は、リアルな店舗・商材の開発経験とWebマーケティングの知見を活かし、主に「食」の領域で大手食品メーカーや地方自治体の経営・事業戦略立案から実行までの伴走型支援を行なっている。フルリモート、オフィスレス、社員が全員既婚子持ちなど独自の働き方も注目が集まっており、メディア出演多数。

新條 隼人
株式会社ドットライフ 代表取締役
一橋大学商学部卒業後、株式会社ネットプロテクションズ入社。後払い決済事業の営業グループリーダー、新卒採用担当等を経てドットライフを立ち上げ。1000人以上の人生ストーリーを配信し、オンライン・オフラインで交流ができる「人生経験のシェアリング」サービス、another life.を運営。

***

トークセッションでは、テーマに沿って登壇者が「印象に残るコーポレートサイト戦略」
「要件整理と効果検証施策」「コーポレートサイトに必要なコンテンツ」の3つの観点から話しました。

第一部「印象に残るコーポレートサイト戦略」では、株式会社UZUZ専務取締役の川畑翔太郎さんが登壇。自社のコーポレートサイトのリニューアル施策を、ビジュアル戦略、顧客層ごとのサイト回遊同線、個性的なコンテンツ例など、様々な施策の分析を元に成果を生む秘訣を話しました。

川畑さんは、多くの会社のコーポレートサイトは営業資料の転用となりがちだと指摘したうえで、会社の個性をビジュアル化することが重要と説明しました。デザインの工夫や、社員紹介等のコンテンツに攻めの姿勢を見せることでリスクもあるものの印象に残せることが大きいと話しました。


第二部「要件整理と効果検証施策」では、株式会社mannnaka代表取締役の柴田雄平さんが登壇。コーポレートサイトの改善で成果を上げるための具体的な効果検証方法について、事例を参照しながら説明しました。

自社のサイトに関しては、全体構成を考えて、新規ユーザーが設定したコンバージョンに至るまでの流れに沿って項目を配置したと話しました。他社のマーケティングの相談も多く受けている柴田さんは、「売上優先型のサイトかセールスプロモーション特化型のサイトか戦略を絞り切れていない企業が多い」と指摘。戦略の決定とそのための要件整理を明確にしたうえで、重要性と緊急性の高い要件から検証すべきと話しました。


第三部「コーポレートサイトに必要なコンテンツ」では、株式会社ドットライフ代表取締役CEOの新條隼人が登壇。コーポレートサイト来訪時からコンバージョン時にかけてのユーザーの態度変容に影響するすべての情報が「必要なコンテンツ」だと説明。

そのうえで、コンテンツの評価指標の設定が重要だと話し、成果が見えにくい分野だからこそ数多くの施策を長期の評価スパンで打つべきだと説明した。

紹介した事例では、、女性比率が1割を満たない業界の企業から女性の採用人数を増やすためのコンテンツ作成依頼があり、活躍する女性社員のインタビューを掲載したところ、掲載後1年間で、男性7人女性8人採用と、女性比率5割越えを達成したそうです。

このように、コーポレートサイトに必要なコンテンツの具体例と成果について説明しました。

イベントには広報担当者や人事担当者らが参加し、それぞれの課題に合わせて学びを深めていました。トークセッションが終わった後は、参加者同士や登壇者と連絡先や情報を交換するなど、活発に交流していました。

次回は「マーケティング進化論Vol.4― 採用に強い会社はこう作る、HRマーケティング特別編」をテーマに、7月24日に開催します。
URL:https://bit.ly/2Jstc0K