menu-image dotlife

成澤俊輔さんをお迎えしてanother life .meetup for Biz「ダイバーシティキャリアを考える」4月のイベントを開催しました。

成澤俊輔さんをお迎えしてanother life .meetup for Biz「ダイバーシティキャリアを考える」4月のイベントを開催しました。

ベンチャー・中小企業向けイベント「another life .meetup for Biz」2022年1-6月は「ダイバーシティキャリアを考える」というテーマで開催しています。4月は、世界一明るい視聴覚障害者と言われる成澤俊輔さんをお迎えして、お話いただきました。

成澤俊輔さんプロフィール

1985年佐賀県生まれ。埼玉県立大学保健医療福祉学部社会福祉学科卒。3歳の時に網膜色素変性症という難病がわかり、現在は光を感じられる程度。大学時代に経営コンサルティング会社でのインターンを経験し、卒業後から約10年間、複数の企業で経営者・経営幹部として「雇用の創造」をテーマに仕事を行う。2021年9月末に経営者を卒業し、以降は「経営×アート」をテーマに、経営者の経営と人生のとらえ直しを伴走している。

https://an-life.jp/article/995

40分ほどの講演では、成澤さんが、自身の「目が見えない」事実に対して、どう人生を捉えているかを伺いました。目から入ってくる情報にとらわれないからこそ、人の目を気にせずに、自分の主観で生きられること。どうにもならないことが多いからこそ、その物事を捉え直す機会になっていることなど伺いました。

講演の後は、参加者同士での感想シェアの時間をはさみ、後半では30分ほど質疑応答を行いました。参加者からは下記のような感想がありました。

“対話を通じて自分の中の固定概念を外したり、いろんなことをリフレームできると気付きました。あと。「わたしは~~したい」という機会をつくるには、1on1など個人として人に話をする機会を増やしたり、アートを使ってひとの主観を呼び戻す工夫ができると教わりました”

“「余計なことと、おせっかいが必要になる時代がくる、それこそが人間らしさである」ということが心に残った。余計なことやおせっかいは相手のことを考え、どうすれば喜んでくれるかとイメージし、実際に行動しないとできない。そしてなんとなくこれができない人が多いし、むしろ煙たがられる世の中だと思っている。ここをまずは自分から変えていくのが面白そうだなと思いましたし教養だと感じた”

“他者比べる前にしっかりと内省する事が重要で、自分を知って初めて他者との違いがわかるし、強み・弱みの理解とキャリア形成につながる”

“「まずはやってみる」が実践できない時は、過去の自分を振り返って成功体験を思い出す。今からではなく、過去を再確認することで自己肯定感を養うこともできる。内省は重要”

another life .meetup for Biz「ダイバーシティキャリアを考える」は今後下記のスケジュールで開催します。

5月19日(木)12:00-13:30

6月16日(木)12:00-13:30

複数企業合同参加で進めておりますので、参加したい、詳細を知りたいという経営者・人事担当者の方は、下記よりお問い合わせください。

https://forms.gle/ZdtYDcsuY4xDNNfM6